富山のカニ直売 新湊、氷見、魚津の紅ズワイガニ販売

富山 カニ販売 / 蟹販売所一覧

富山県の射水市、魚津市、黒部市の有名なカニ販売所をまとめてみました。

 

市販のカニの値段の相場を調べました。
お買い物の参考にどうぞ。

カニの種類 値段

生ずわいがに 足(鍋用)
かに本舗

3.9kg 17,800円 最安

生むき身 本ずわい(カナダ産)
フォーギフト

1kg 11,500円

富山 紅ズワイガニ(ボイル)
越中氷見屋

2kg以上 3杯 14,580円

富山 香箱ガニ(ボイル)
新湊のふるさと納税(孫七)

計600g以上 3杯 29,000円

(実質2,000円)

射水の本ずわいがに(ボイル)
新湊のふるさと納税(孫七)

1kg(500gx2杯) 寄付金10,000円

(実質2,000円)

 

※孫七や魚屋・伍右衛門、安吉水産などの直売店のカニがふるさと納税の返礼品として提供されています。

 

お店に行くのが面倒くさい

 

お店に行くのが面倒なら、通販ショップもあります。

 

 

富山県地図

 

富山のカニの時期は9月~12月 カニミソが旨い

富山のカニといえば、「紅ずわい蟹」、9月から12月が旬です。

 

富山では、6種類のカニが捕れますが、これらのカニが全て取れる(漁期が解禁になる)のは、11月6日からの1ヶ月間。

 

カニの種類 漁の解禁
本ズワイガニ雄 11月6日~翌年3月20日の4.5カ月間
香箱ガニ(本ズワイガニの雌) 11月6日~翌年1月10日の2ヶ月間
紅ズワイガニ雄 9月1日~翌年5月30日の9カ月間
毛ガニ 富山湾では秋~冬が旬。
ワタリガニ(ガザミ) 夏~秋が旬。通年獲れますが冬季は冬眠。
モクズガニ(川蟹) 10月1日~翌年4月30日の7カ月間。

 

11月6日~1ヶ月は、それなりに混み合うので宿泊先は早めに押さえておいたほうが良いでしょう。

 

また、富山湾内産の蟹はカニミソが甘く、「内海の蟹」と特別な呼び名があるほど。
焼いた蟹身をカニミソに絡めた「カニミソ丼」や、カニミソとパスタを絡めたランチなどが、地元のお店で食べられます。

 

 

富山のカニ販売/新湊(射水市)

射水市の新湊漁港の周囲に、有名なカニ販売スポットが3つ。
路面電車・万葉線でのアクセスも可能です。(やや歩きます)
新湊漁協の昼セリなどのカニ販売イベントもあり。

 

新湊きっときと市場(射水市海王町) 新湊鮮魚センター 地図や定休日など


新湊きっときと市場

 

住所 富山県射水市海王町1番地←クリックで地図
電話番号 0766-84-1233

 

新湊のさかな市場、「新湊きっときと市場」
市場内の、新湊鮮魚センターにて紅ズワイガニが販売されています。
紅ズワイガニは9月~5月。(6,7,8月は禁漁期)

 

定休日 年中無休 
営業時間 9:00~17:00

 

新湊きっときと市場は、ベニズワイガニが一匹1,000円 蟹味噌をあえて食べると美味い

 

一杯1,000円となると、一人で二匹くらいはいけそう。

 

紅ズワイガニの濃厚な蟹味噌と身を和えて食べるという贅沢食いは、一度試してみたいところ。

 

新港きっときと市場は、カニ汁と、白えび(ヒラタエビ・ベッコウエビ)が一番人気

 

白えびは日本沿岸の深海で取れるエビで、「富山県のさかな」に指定されている、富山の名産。現地での読み方は「シロエビ」で、富山以外だとヒラタエビとかベッコウエビとか呼ばれています。なお。白エビはシラエビ属なので、本当は「シラエビ」という呼び方が正しいらしいです。

 

4月から夏場にかけてが旬で、油と相性が良いみたい。天丼や白エビバーガーが人気です。

 

新港きっときと市場は、昼せりで買った海産物を食べられる

通常なら早朝に行われるセリですが、午後1時から「昼セリ」というのをやっていて、見学できます。(要予約)

 

 

昼からのんびりいけるので、早起きの必要がない点が嬉しい。なお、朝にもプロたちがセリをやっているのですが、観光客は見学不可です。

 

きっときと市場では、午後1時から昼セリをおこなっていて見学できます。(要予約)

 

 

12:30 新湊きっときと市場
 ↓ 徒歩約10分
13:00 昼セリ見学(約30分)
 ↓
13:30 解散

 

参考)新湊漁協の昼セリの予約ほか

 

新港きっときと市場での食事

きっときと市場見取り図

 

食事は、きっときと市場内の「浜焼き 浜風」か「きっときと亭」がおすすめ。

 

きっときと市場の食事/浜焼き 浜風

一番人気は、100%賞賛の「う!まいエビ」と牡蠣寿司。季節により紅ズワイガニが焼き物メニューに出ます。冬かな?

 

う!まいえび

 

富山県射水市海王町1番地 きっときと市場内
TEL:090-2838-5078
浜焼き 浜風 公式サイト

きっときと市場の食事/きっときと亭

春~秋は白えび、冬は紅ズワイガニ・寒ブリメニューが好評。

 

冬限定になりますが、人気の白えびとベニズワイガニを同時に食べられる「新湊紅白丼」がおすすめ。

 

 

きっときと市場内。
富山県射水市海王町1番地
TEL:0766-84-1233
海鮮レストラン きっときと亭

 

新湊漁港のカニ小屋 高志(こし)のベニズワイガニガニプラン

きっときと市場のすぐ近くにカニ小屋あり。

 

2名1組というシバリがありますが、2,500円で昼セリ見学と、「高志の紅ガニ」(富山ブランドの紅ズワイガニ)一杯がついているプランがあります。

 

紅ズワイガニ(1,800円相当)+きっときっと市場で使えるお食事券(500円)+見学料で2,500円です。ツアーっぽい感じで昼セリ見たいという人におすすめ。

 

場所は、きっときと市場の斜め向かい。
富山県射水市八幡町1丁目1100
TEL: 0766-84-8051
昼セリ見学&新湊かに小屋で味わう高志の紅ガニプラン(1名~) | 富山新湊漁港 かに小屋 FUN CRAB!

カモン 新湊ショッピングセンター 地元民が通うスーパー 配送も可能

カモン新湊ショッピングセンター
カモン新湊ショッピングセンター

 

住所射水市本町3-12-28←クリックで地図
営業時間10:00~20:00(※季節により変動あり)
定休日1月1日のみ
電話番号0766-84-9800

 

万葉線の新町口エキから徒歩圏内。
きっときと市場からも車ですぐです。

 

一見、地元のさびれたスーパーですが、富山県の海鮮、地元のお菓子屋さんなどお土産選びに良いお店が揃っています。
地元の人がリピート利用していることから、品質は間違いなし。
ベニズワイガニが、近隣の市場よりも低価格です。
自宅や贈答先への配送も可能。

 

 

  • ここのスーパーの鮮魚コーナーはレベルが高いうえに低価格
  • 地元民向けのスーパーで、カニも庶民的な値段。
  • でっかいベニズワイガニが800円でした。
  • 刺し身やカニが解禁されたらここで購入します。寿司や惣菜がとても美味しいです。
  • 昭和の薫り満載。生きたカニが無造作に並んでて、スーパーというより魚市場。

 

観光で行くと、華々しさに欠けるという声もありました。
また、タイミング次第で売り切れもあるので、過度に期待しないほうがいいかも。あればラッキーで。

 

カモン新湊ショッピングセンター

魚屋 伍右衛門(射水市立町) ベニズワイガニ小売 1,000円 ~ 3,000円 オンラインショップもあり

伍右衛門
鮮魚店「伍右衛門」のホームページ

 

住所 射水市立町8-13←クリックで地図
電話番号 0766-82-2091
定休日 日曜日
営業時間 10:00~18:00

 

万葉線の新町口駅ちかく(200mくらい?)にある鮮魚店です。富山湾でとれたてのべにずわいがにを販売しています。

 

 

紅ズワイガニは、一杯700円~。
まとめ買いすると、更に安くなるみたいです。

 

 

ゆでガニは、少々高くなるみたいです。

 

 

通販だと、2杯6,000円~でした。
オンラインショップ | 伍右衛門 公式ホームページ

 

ふるさと納税にも、出品されています。

 

安吉水産 (射水市港町) ベニズワイガニ 1,000円くらいの直売店


安吉水産|射水市公式観光サイト[きららか射水NAVI]

 

住所 富山県射水市港町18-5←クリックで地図
電話番号 0766-84-3668
定休日 9月~5月までは休みなし
営業時間 9:00~16:00

 

紅ズワイガニ、ずわいがにのほか、ホタルイカ、白えびなどを扱っています。

 

 

この安吉水産は、場所がわかりにくいですが安定してこの値段なのが特徴。
紅ズワイガニが一匹1,000円くらいです。

 

(紅ズワイガニは、漁港のそばで買うほど高い。)
安さの理由は、直売店だから。

 

地元の人もよく利用するそうです。

 

安吉水産は、ふるさと納税にカニを提供しています。

 

富山 カニ販売 / 魚津市のカニ販売店舗

魚津市は、国の登録記念物に指定されている蜃気楼が有名。
2月には、魚津かにの陣というかに販売イベントが毎年開催されてます。

 

海の駅 蜃気楼(魚津市村木定坊割) 地図や定休日、電話番号

 

魚津朝市開催は、毎月、第二、第四日曜。時間は明記されていませんが、朝7時~10時の時間帯がおすすめとのこと。
地元の人達や、観光客で賑わっています。

 

住所 魚津市村木定坊割2500-2←クリックで地図
電話番号 0765-24-4301

 

海の家 蜃気楼の営業時間:午前9時~午後6時まで

 

定休日:毎月第2水曜日
(5月、8月、12月は無休)

海の家 蜃気楼へのアクセス

場所は、電鉄魚津の魚津駅から、車で5分。

 

海の駅 蜃気楼の魚津の朝市 クイズに当たるとカニがタダで食べられる

 

焼きたての魚に、大量鍋、ご飯で700円の朝市定食は、ぜひ食べたいところ。
魚はスウする居から選べて、大量鍋にはカニ以外に甘エビやすり身団子が入っています。

 

カニの時期は、紅ずわい蟹が器から盛大にはみ出すほど。

 

 

蜃気楼の朝市定食は、Facebookを読んで、クイズ?に答えて当たるとタダに、当たらなくても100円引きになるので、要チェックです。

 

海の駅 蜃気楼のイベント 魚津かにの陣は、カニの卸問屋が集結

毎年2月の第一日曜日に開催されるカニの大型イベント。
8時~14時ごろまで開催で、カニがなくなり次第終了。

 

参考)魚津「かにの陣」/魚津市観光協会公式サイト

 

 

魚津市内の全カニ卸問屋(9社)が集まって、カニの卸売やカニ鍋、浜鍋などをおこないます。

富山 カニ販売 / 黒部市のカニ販売店舗

黒部市は、黒部ダムで有名なところ。
地元のくろべ漁協では、現地で「あかがん」と呼ばれる紅ズワイガニが水揚げされています。

 

魚の駅 生地 (黒部市黒部市生地中区) ベニズワイガニ(地元ではアカガン) 700円~1,200円


魚の駅生地(いくじ)

 

海産物の直売所。黒部駅の北にあります。

 

住所 富山県黒部市生地中区265←クリックで地図
電話番号 0765-57-0192
定休日 元旦のみ
営業時間 9:00~18:00

 

できたて館(食事処)、とれたて館(鮮魚売り場)あり。

 

地元では「アカガン」と呼ばれる紅ズワイガニを扱っています。魚のお刺身は、サク(短冊状に切る)までさばいてくれます。

 

カニの入荷情報は、公式サイトのブログで公開されています。
↓紅ずわいがにが、一杯700円~1,200円でした。
魚の駅生地の紅ズワイガニ
魚の駅生地
「バラ身」「棒身」「かにみそ」の販売あり。

 

 

 

富山 カニ販売 / 通販で購入 カニを買いに行くのがめんどくさい人向け

店まで行くのが遠い、混んでるのヤダ、寒いし…というあなたは、通販もできます。

 

↓富山のズワイガニ、ベニズワイガニ、セコガニ(ズワイガニのメス)の通販

 

丹後長寿商店-スイーツ・米・蟹-

 

富山の紅ズワイガニは、淡白な味。好みが別れるようですね。食事処でも一番人気は「白えび」だったりします。

 

ずっしりしたカニが好みのあなたは、北海道のタラバガニや毛ガニのほうが合うかも?通販を利用すると、北海道から、新鮮なカニが空輸されてきます。

 

元旦に配達可能な通販

カニ鍋


ブリブリ巨大タラバのほおばり食いするならここ
品質バツグン間違いなし。ただ、やや高い。

かにまみれ 全品「訳なし」納得品質

かにまみれ 評判・口コミ


ズワイガニ鍋たらふくなら、このショップ一択 ズワイガニのむき身超山盛りセット。
でも、ずわいむき身以外は運、みたいなとこある。

かに本舗 ネットショップ大賞4年連続1位

かに本舗 評判・口コミ


※正月用は、売り切れ注意。

 

↓ 実際、かにしゃぶ食べてみました。

かに本舗
参考)かに本舗の口コミ 実際にカニ買ってみた!

 

↓当サイト管理人はリピートしてます。大量カニしゃぶ用に。

富山のカニ直売 新湊、氷見、魚津の紅ズワイガニ販売
生本ずわい「かにしゃぶ」むき身満足セット 2.6kg超 送料無料

 

↓本場の毛ガニ。

富山のカニ直売 新湊、氷見、魚津の紅ズワイガニ販売
釧路産 活き毛ガニ

 

↓ 北海道のカニはデカイ。けど、これは特にデカイ!

富山のカニ直売 新湊、氷見、魚津の紅ズワイガニ販売
特大本たらば姿蟹 無添加(訳なしホンモノ)オス2kg台前後
※お祝いに食べたい たらば姿。

 

↓ タラバの足のみボイル かぶりつくならコレ

ボイルたらば蟹 足だけ1kg 12,800円 海の幸なのにYAMATO

 

↓ 四大カニ食べ比べてみました。

四大カニ食べ比べセット

かにまみれの四大カニセットをゲットした!

 

↓ カラなしで1kgだと、この量

富山のカニ直売 新湊、氷見、魚津の紅ズワイガニ販売
折れ棒肉 生ずわいがにむき身1kg

 

カニの値段を比較

カニ通販激安

page top